宮崎労働局死亡労働災害多発警報発令

宮崎労働局死亡労働災害多発警報発令中

延長期間:平成29年6月22日~7月31日(当初期間:平成29年3月22日~6月21日)

 

 宮崎県内では、今年の1月から2月11日まで間に、7(林業2名、交通運輸業2名、建設業1名、小売業1名、清掃業1名)の尊い命が失われ、昨年の半数に相当する方が亡くなられ、極めて憂慮すべき状況となりました(昨年1年間の死亡労働災害は、15名)。

 この状況を受け、3月22日に、宮崎労働局として初となる死亡労働災害多発警報」を発令したころですが、警報発令期間中においても、死亡労働災害が3名(製造業1名、小売業1名、交通運輸業1名)の尊い命が失われたほか重篤な労働災害も多発するなど歯止めがかかっていない状況にあります。

 こうした状況を踏まえ、死亡労働災害多発警報を7月31日まで延長し、取り組みを継続することとします。 

 

以下の項目をクリックすると詳細を確認できます。

 

● 死亡労働災害多発警報の発令について

● 要綱の一部改正について 

● 改正宮崎労働局死亡労働災害多発警報発令要綱

● 取り組むべき労働災害防止対策 

● (延長)死亡労働災害多発警報発令中ポスター1

● (延長)死亡労働災害多発警報発令中ポスター2

● (延長)リーフレット 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 0985-38-8835