宮崎県における特定(産業別)最低賃金が改定されました。

 最低賃金には、原則として県内のすべての労働者に適用される宮崎県最低賃金(地域別最低賃金)と特定の産業で働く労働者に適用される特定(産業別)最低賃金があります。

 

 宮崎県最低賃金は平成23年11月2日から時間額646円に改定されました。

 

 宮崎県における特定(産業別)最低賃金は4件ありますが、宮崎地方最低賃金審議会の答申を踏まえて、次のとおり改定されることが決定しました。
(1) 宮崎県部分肉・冷凍肉、肉加工品、処理牛乳・乳飲料、乳製品製造業最低賃金
   現行時間額657円を、平成23年12月30日から、3円引き上げて660円となります。
(2) 宮崎県電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業最低賃金
   現行時間額691円を、平成23年12月30日から、4円引き上げて695円となります。
(3) 宮崎県各種商品小売業最低賃金
   現行時間額674円を、平成23年12月28日から、4円引き上げて678円となります。
(4) 宮崎県自動車(新車)小売業最低賃金
   現行時間額708円を、平成23年12月29日から、4円引き上げて712円となります。

 

 なお、詳細は、宮崎県の最低賃金一覧表で確認できます。

この記事に関するお問い合わせ先

宮崎労働局 雇用環境・均等室 TEL :0985-38-8821

このページのトップに戻る