職員団体との交渉状況について

職員団体との労使交渉について 

 現下の社会情勢のもと労働行政の基本的使命は、労働者の方々が意欲と能力を発揮して働ける職場に就き、退職に至るまでの職業生活の各段階において、安心できる職場環境の下で心身ともに健康で働けるよう様々な面から支援していくことにあります。
 このため、宮崎労働局では、産業・就業構造の変化、地域的課題、労働政策に対するニーズ等を十分に踏まえ、宮崎県ほか関係機関・関係団体との密接な連携を図りつつ、上記の使命を果たすべく計画的・機動的な業務運営に努めているところです。
 各施策の具体的取組みについては、宮崎労働局のホームページに積極的に公開し、国民の皆様の労働行政への理解が深まることを期待しております。
 このような取組みの一環として、当局と職員団体との間の労使交渉についても、その透明性を確保し、説明責任を尽くすという観点から、今後、ホームページでその内容について、その概要を公開することといたします。

 

● 交渉(全労働宮崎支部)議事概要(平成29年11月1日)(62KB; PDFファイル)

職員団体の概要について

 全労働省労働組合(全労働)宮崎支部の概要

1.全労働宮崎支部の組織

 (1)組合員数 約200人(組織率 98%)※ 3月末現在

 (2)組織

(全国レベル)   (県レベル)   (署・所レベル) 

 【本部】   →   【支部】   →   【分会】 

2.全労働宮崎支部の特徴

宮崎労働局、労働基準監督署、公共職業安定所の職員で構成された組織です。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課 TEL : 0985-38-8820